印鑑を通販でつくる際の注意点

通販サイトには、周知のようにさまざまなショップがあり、値段が安いことだけでなく、本質を見極めて購入することがなかなか難しいこともあります。印鑑の作成においても同様で、印材はサイトの画像による見た目だけで選ぶと、耐久性や使い心地がおざなりになって後悔してしまうことにもなります。印材についてはデザインや色だけでなく、素材に何が使われているのかもチェックしておくことが大切です。また、あまりにも価格が安過ぎる印鑑は、生産性を高めるために機械彫りを採用しているものもあるので、少しでもこだわりたいのであれば、せめて仕上げが手彫りになっているものを選ぶといいでしょう。機械彫りのものでも、仕上げに手彫りの工程が入ることで、唯一無二の印鑑とすることができ、全く同じ印鑑が出回るという可能性もなくなるのです。

印鑑に手彫りの工程が入ると当然ながら、作成するのに時間がかかります。ある程度のレベルのもので価格が安いと注文も集中するので、待ち時間が結構かかってしまうこともあります。提出書類などに必要であるために急いで印鑑をつくる必要があるという方は、あらかじめ作成日数などをチェックしたうえで注文することをおすすめします。また、印鑑の本体価格が安くなっている商品でも、彫りに入る前の事前確認や送料が別途発生する場合や発送後の保証サービスが全くつかないものなど、追加料金が必要となることもあるため、そちらの確認もしておいた方がいいでしょう。